地球人のポジション取り

札幌に住んでる地球人がチラシの裏に書くような駄文をひたすらストックしていくブログ

飛行機?鉄道?バス?ヨーロッパ内の移動方法を調べるには「 GoEuro 」が便利

今年の8月にスペイン周遊(地球2/3周(×2)してスペインに行ってきました)、トマティーナに参加した際に、トマティーナ仲間の方(多分旅人)にヨーロッパ内の移動において手段、料金などを検索、比較するのに便利なサービスを教えてもらいました。

「GoEuro」というサービスで、ウェブ上やスマートフォンアプリから検索可能です。

 

・Web http://www.goeuro.co.uk/

Google Play Rail, bus, air tickets: GoEuro - Android Apps on Google Play

App store GoEuro: Rail, bus and air on the App Store

 

ヨーロッパ内を色々見て回りたい、お金が無いからできれば安く行きたい、この日は時間が無いから少し高くても早く移動したい、っていうか比べたいけどそもそもどんな手段があるのかわからない、運行しているバス会社の名前がわからないから調べようがないなど色々と壁があると思います。

特に安く済ませたいという要望は学生の長い休みを使った旅行ではよくあることなのではないでしょうか。

このサービスは鉄道(電車)、バス、飛行機と3種類の手段の中から該当する手段を全て表示してくれます。

今回はGoogle Play版(Androidアプリ)の画面で説明しますが、基本的な使い方は同じで、直感的にわかりやすいUIなため、非常に使い易いです。

 

もしこれを使うかもしれない人は最後まで読んでください。

ただ「便利だよ」と言ってるだけの無責任な記事もありますが、注意ポイントもあります。

 

【 使用例(Google Play版) 】

 

① まずアプリを立ち上げると、どこからどこへ行くか、日時はいつか(片道の時はReturnには何も書かない)、人数を決めてSEARCHをタップします。

例として、パリ(フランス)からフランクフルト(ドイツ)まで片道、10月10日、1人での移動を検索します(検索時間:ドイツ時間10月9日9時頃)。

f:id:anapan:20151009181440p:plain

 

 

 

② 鉄道(電車)、バス、飛行機の手段がそれぞれでてきます。

この画面は鉄道(電車)の移動手段が表示されました。

DBで4時間前後、89EURです。

1回乗り換え(1 changes)と直行(Direct)がありますね。

以下3つの手段の中では直行を選べば一番早く移動可能となります。

f:id:anapan:20151009181506p:plain

 

 

③ 先ほどの鉄道(電車)の画面から横にスライド、もしくはバスの絵の部分をタップするとバスの画面になりました。

3種類のバス会社があります。10EUR代から60EUR代までで値段、また出発時間は様々です。

時間は8~11時間と長いです。

1回乗り換え(1 changes)と直行(Direct)がありますね。

3つの手段の中で一番節約するにはバスが良いことになります。

f:id:anapan:20151009181509p:plain

 

 

④ 最後に飛行機の画面です。

vueling航空、イベリア航空、エアベルリン、ルフトハンザ、SASと手段がでました。

これも1回乗り換え(1 changes)と直行(Direct)がありますね。

値段は218EURからと他の2つの手段に比べれば高いです。

今回は高かったですが、ルートによっては一番安く早く済む場合もあります(特に早く予約を取るとLCCなどはもっと安くなっているはず)。

f:id:anapan:20151009181515p:plain

 

 

⑤ 上記3手段の中の選択肢から何かを選んだらこの画面になります。

ちなみにこれはバスの中で一番上の安い奴をタップした画面です。

この画面でより詳細な経路や時間、料金プラン(ここではStandardと書いている)がわかります。

最後に予約ボタン(オレンジのBook 17.68€と書いているボックス)をタップして各バス、電車、飛行機会社のサイトで予約をします。

f:id:anapan:20151009181519p:plain

 

 

今回スペイン内を移動するのにあたり、このアプリのおかげで全くトラブルなくスムーズに移動することができました。

 

【 注意ポイント! 】

鉄道(電車)、バス、飛行機で勝手は異なりますが、チケットがeチケットとなるので、電車では乗る前に駅のカウンターや無人発券機で予約番号や発券番号などから紙のチケットを出す必要があったりします(スペインのrenfeでは紙を印刷することができた)。

バスの場合は、必ず紙じゃなければいけないわけではなく、予約時に送られてきたメールに添付されているPDFファイルを乗車時に見せれば良いです。ただし、スマートフォンタブレットなどでPDFファイルを表示することができないなら、紙を印刷する必要があるかもしれません。

 

ちなみに今回バレンシアからマドリッドまで移動する時に利用した、avanzaというスペインのバス会社はヨーロッパで発行されたクレジットカード以外は使用できなかったので、Paypalから決済して予約をしました。場合によってはPaypalでカード使用不可問題を回避する必要がある可能性が出てくるので、Paypalアカウントを持っていると良いかもしれません。

 

 

 

 

欧州内の移動方法の検索、調べ方、比較に困っている方はこのサービスを試してみてください。

 

 

今日はここまで、